未分類

知識こそ、お金である

 

ビジネスや不動産、株、債券、商品、仮想通貨、そして金でさえもお金を失う場合がある。

 

知識によって人は金持ちになり、知識がないと貧しくなる。

このすばらしき新世界では自分の知識が新しいお金になる。

 

知識こそ、お金である。

古い知識に縛られず。(いい大学出て、大企業につく。貯金して、家を建て…。)

 

借金の活用法を学ぼう。

世界基軸通貨である米ドル。1971年以降、米ドルは資産から負債、つまり借金へと変わった。

 

これが意味することは、貯金はムダ。

日本円はもっと昔に、負債・借金に変わってしまった。1945年だ。

 

それまでの日本円は、金兌換券と書かれていた。それが1945年に、その文字が消された新円が発行された。

 

これがいま使ってるお金だ。

金と裏付けされてた通貨からただの紙切れに変わった。

 

紙切れを貯めても、紙切れでしかない。

 

お金の自己診断

 

  1. あなたがお金をかせぐのは、月単位か、時間単位か、分単位か、秒単位か?
  2. あなたが一日8時間お金をかせいでいるか、それとも一日24時間、週7日間かせいでいるか?
  3. 働くのを辞めてもお金は入ってくるか?
  4. 複数の収入源があるか?
  5. 従業員なら、あなたの雇い主は時代に取り残さているか?
  6. 友人や家族は前に進んでいるか、それとも経済的に取り残されているか?

 

自分の回答はこうだ 2018.5.30

  1. メインは月単位(給料)。時間単位・分単位で稼ぐ収入もある。
  2. メインは一日8時間。24時間、週7日間稼いでくれる収入もある。
  3. 入ってくる。だが、生活できるレベルに達していない。
  4. 給料以外で2つ。いま3つ目、不動産ビジネスと4つ目ブログ収入を作っている。
  5. 残されてる。れっきとした昔ながらのお役所官僚だ。まったく方向が違う。
  6. 一番仲良い友と弟は、一緒に前に進んでる。親は取り残されたままだ。一部の友達も徐々に進みはじめてる。