Life

金持ちになるのは「嫌いな人から離れるため」

お金持ちになる最大の価値は「嫌いな人を自分の人生から離せる」こと。

お金で手にできる最大の特権。これだけでもお金持ちを目指す意味はある。

嫌な人と過ごさない日々

サラリーマンの時代、毎日会いたくもない上司や同僚と、人間関係にうんざりでした。

だからこそ、一日でも早くこの環境から抜け出したい。と心から思ってました。

大切な人と大好きな仲間と最高の環境で幸せに暮らす。」ただそれだけ。

もっとシンプルにいえば『自分の嫌な人と関わらないで済む人生を手に入れたい』ということ。

いろんな嫌なことが世の中あるけど、やっぱり一番面倒だったのが「人間関係」。

嫌な人との特効薬は「関わらないこと」

人間関係はある意味すべてに共通するストレスです。そして、特効薬は関わらないことです。

でも会社だとこれはできない。嫌でも毎日顔を付き合わせなければいけない。

嫌と思ったときに我慢するしかない自分がすごく嫌だった。。

「なんで自分は我慢してまで、会社にいるんだろう」と常々思ってました。

やはり、給料に依存してると会社に依存せざるを得ないです。ですが、「給料以外の収入があればガマンする必要ない!

嫌な上司、嫌いな人、めんどくさい人間関係。そんな環境にガマンせず離れられる。

一部の立派な大人は「そんな甘い考えが通じるわけがない」と言うかもしれません。

それはそのはず、その人たちは我慢する人生しか歩んだことがないんだから。

会社を踏み台にして、飛び立つ

もう古くさい価値観そんなことしなくても生きて行ける時代。日本にいるなら最低限の「生活保護」というベーシックインカムが使えます。

世間体という目があるかもしれませんが、日本人でいるだけ使える特権です。嫌な環境を我慢してストレスを溜めてくなら使った方がはるかにマシです。

会社の給料を踏み台にして次の収入をつくればいいんです。

それが自分には「PPCアフィリエイト」や「不動産」だったのです。

会社の給料を(生活費除いて)すべて次の収入をつくるために使いました。

ただ会社は「踏み台」でしかないと思った。そしたら、心はかなり楽になりました。

別に評価なんでどうでもいいし、周りにどう思われるかなんて興味ない。

だからこそ会社を踏み台にして、次のステップに進みました。飲み会もいかない(付き合い悪いヤツと思われても構わない)。

その時間があれば一日でも早く抜け出せることに時間を注ぐ。

「群れない」「淡々と仕事をこなす」「コミュニュケーションは最低限で終わらす」「なんと言われようと定時に帰る」

これを徹底しました。

そして、すべての時間「嫌な人関わらない人生を手にするため」に注ぎました。

お金がもたらしてくれるこの価値は本当に計り知れないモノですお金があること以上に人間関係がクリーン。これがどんな豊かなことか。

サラリーマンを経験したからこそ実感できる最高の環境です。