LIFE FREE

自分で自分を殺すな。ガマンが美徳は、もう昔話。

気の向くまま突き抜けていく

日本人の多くは過度に自分を抑制しすぎ。他人と足並みを揃えることが美徳と思っている。

他人と足並みをそろえなに限り、社会から弾き出されては生きていけない。

そんな文化や風潮がまかり通っている。

他人の目を気にして行動を遠慮している。

ガマンが美徳であり、美学だったのは、もう昔話。

自分で勝手にガマンしたり・同調・なれあいを一切やめて思いっきり気の向くままに突き抜けていかないと、人生をムダにすることになる。

「そんなことやめた方がいいよ」と言ってくる人は必ずいる。でも、よく見てほしい。

その人こそガマンして生きてる。生き生き人生を楽しんでない、

一見「あなたのため」を装ったアドバイスは、その根底には嫉妬と妬みであるなんてザラ。自分を否定されたくないから都合がいいアドバイスである可能性は高いのが現実に起きてる。

同調の先には豊かさはあるのか

同調やなれあいは、相手に勝手に自分の人生を決められ、失敗すれば放置される。ほんとにそんな人生望んでるのだろうか。

自分の意思に関係ない身勝手な世界。

同調すればその場はやり過ごせても、自分の考えを止めた瞬間から同調の波に呑まれる。

この恐ろしい濁流は、あなたの意思に関係なく①ラットの群がる方向、②ラットの欲しがるライフスタイルに染まる。そこに自分の意思はない。

ラットレースという激流から逃れられなくなる。

結局この世は自己責任。自分の考えでやろうが、同調しようが失敗の責任は自分です。なら、自己責任だけど自分で考えたとおりやった方がいいです。

たとえどれだけ嫌われようと、どれだけ批判を受けようとも全く躊躇せず思った通り発言し、好き勝手にやっていく。

会社員なんて簡単にクビにできない。しかもあくまでつぎの基盤を準備する期間なんだから出世コース・落ちぶれコースいこうと関係ないです。

落ちぶれコースで仕事が楽になればむしろこっちのもんです。それだけ次の収入に打ち込めるんですから。

自分を押し殺して流された瞬間、自分の人生から他人に捧げる人生になります。そんな人生果たして幸せですか?

自分の上司をみればそのなれ果てが見えるはずです。