LIFE FREE

会社員のなれあい・群れは”負の産物”。あなたの人生を浪費するだけ。

いまだに同僚となれあい・群れていないだろうか?
じぶんは8年働いてこれがやっとムダということに気づいた。
将来を浪費したくないのであれば、いますぐに群れ・なれあいをやめるべきだ。
“100害あって1利なし” というが心底そう思う。

まず会社の人となれあえばなれあうほど”思考停止”状態になっていく。

隣の仕事しない社畜(先輩)・時間だけ消費して過ごしてる社畜(おっさん)・他人の足を引っ張ることしか脳がない社畜(出世が遅い上司)。

社畜サラリーマンの典型の例は、自分を高める努力はしないけど、他人の足を引っ張る努力はする。まったくもって非合理的ではない。人のあげ足をとって1円も得しない。でも、サラリーマンというのはそういう生き物なのだ。

「辞めたいけど、辞められない」社畜マインド

「辞めたいけど..辞められない…」という悩みでもんもんとしている。”ガマンは美徳”と考え、社会的信用を保証されていることを捨てられない。そう自分に自信がないのだ。

だからこそ、「自由に生きてるヤツは悪」のように扱い「他人の不幸」に幸せを感じる。自信がないから「ここに留まるのことが正しい」と理由をなんとかこじつけようとしてるのだ。
それの典型的な例が「群れ」と「なれあい」だろう。

なれあい・群れて、自分の存在価値を正当化しようとしてるのだ。