未分類

セールスが嫌。だからあなたは貧乏なんだ

 

 

複数のチケット(自分のデリバティブ)を売ることができない人は、自分の労働力を売るしか他にお金を稼ぐ方法がないのだ。

 

起業家は、チケット(商品やサービス)をたくさん売ることができて、

従業員は、チケット(自分の労働力)を一枚しか売れない

 

だから、いつまでも貧乏で、一方はいつも金持ち。

 

要するに、

複数のチケット(自分のデリバティブ)を売ることができない人は、売れるものは自分の労働力のみ。他にお金を稼ぐ方法がないのだ。

 

自分のチケット(自分の労働力)を売ることができなくなったら、お金が稼ぐ方法がなくなるのだ。

 

セールスを下品な言葉だと思ってる人は多いが、そんなあなたも『自分の労働力』をいまの会社にセールスし、就職してるのだ。

たった1枚のチケットを。

 

売る行動なしに、お金を稼ぐことはない。

 

金持ちと貧乏人の違いは、チケットを何枚売れるかだ。一枚しかないチケットをいつまで売っても、豊かになることはない。

 

RELATED POST